武庫の郷HOME > WEB版武庫の郷資料館 > 美味伝承甲南漬資料館

美味伝承.gif (3055 バイト)

奈良漬の歴史や、奈良漬の主原料である酒粕の主な産地、灘五郷との関わりを説明する資料や嶋酒類食品株式社の120年にわたる歴史やみりん作りに関する道具を展示している資料館です。
阪神大震災で倒壊する前の甲南漬本店には、色々な資料が展示されていました。
昔の本店や周囲の様子をあらわした和風ミニチュアもガラスケースの中に展示されていました。
残念ながら無事救い出せた資料の数は限られていましたが、
今も資料館には昔ながらのさまざまな品が展示保存されています。
資料館の展示の一部は、こちらからも見ることができます。
←資料館玄関。
スロープも設置されています。
Shiryo.jpg (7667 バイト) Mokei.jpg (9322 バイト) 

館内の様子

昔の酒蔵模型(魚崎郷の1部)
資料館に入ると正面に
大きく設置されています。

資料館の概要と変遷

開  設 1981年 昭和56年 株式会社創立50周年を記念して本店内に資料室を設置
1983年 昭和58年 こうべ甲南ライブサロン(通称ククルス)設置に伴い資料室を整備
1985年 昭和60年 本店資料室を再整備し、美味伝承甲南漬資料館とする

1995年

平成6年 阪神大震災によって本店が倒壊、資料館の多くの資料を失う。
1997年 平成8年 元本店周辺を“こうべ甲南武庫の郷”と命名し、旧社長宅を
美味伝承甲南漬資料館として再開し、今日に至っている。
建  物  1930年 昭和5年 1930年完成の鉄筋コンクリ−ト造り、一部3階建て。
当時本店に隣接した当社の社長宅として建築。
設  計 清水栄二
設備、
施設。
喫茶室、お食事どころ“平介茶屋”、展示場、洋式トイレ2カ所
(障害者用別に設置)料理教室、和洋室会場

武庫の郷HOME > WEB版武庫の郷資料館 > 年表「美味伝承甲南漬資料館」