武庫の郷HOME > WEB 美味伝承甲南漬資料館 > 甲南漬の歴史

甲南漬の歴史

旧本店正面
旧本店正面
お品書きや金魚の樽、展示スペースがありました。

初代平介夫妻
初代平介夫妻

昔の値段表

昔の価格表
1871 明治 

3年 

初代高嶋平介焼酎の醸造を始める。単式蒸留器を購入
1895 27年 蒸留器を改造する
1897  29年 粕取り焼酎を元にみりんの醸造を始める。
1904 37年 二代目平介奈良漬の製造を始める。
1919 大正 

8年

配達用にモ-タ-バイクを購入、店舗にはNCRのレジスタ-を入れる
この頃奈良漬1Kg約1円(上等の牛肉と同等
1922 11年 新聞で中元、歳暮の広告を始める
1923 12年 阪神電車東明駅前に新本店を開業、
東明郵便局(局長高嶋平介)も開業
1930 昭和 

5年

甲南漬の商標を登録する。
本店横に高嶋平介の自宅を完成(現資料館)
1931 6年  個人商店から株式会社高嶋平介商店に改組する。
10年〜15年  御影店、大阪新町店、桜口店、豊中店など直営店を開業
又、三宮、元町、台北などのボランタリ-チェ-ン店を開店する
1942 17年 本店以外の販売店を閉鎖(戦時体制で製造が困難となる)
1944  19年 みりんの製造が統制令によって禁止される
1946 21年 3代目平介代表取締役社長に就任。
みりん、の製造再開。奈良漬製造は相変わらず困難
1948 23年 輸出用奈良漬と特命品の指定を受け酒粕、砂糖の特別配給を受ける
1950 25年 大阪地下街に売店を置く
1952 27年 神戸三宮に売店を置く、阪神百貨店の甘辛の連街に出店。
大丸神戸店と取引を再開
1958 31年 神戸そごう百味のれん会に出店
1962 37年 東京小田急百貨店に出店、神戸名品協同組合を設立
1964 39年 社名を高嶋酒類食品株式会社に変更
1965 40年 新本社屋が竣工
1972 47年 甲南奈良漬を新発売する。また、新包装形態のパック詰めも発売
1974 49年 卸部門に進出。東京、丸菱食品と提携
1975 50年 本店小売部を再開し新装開店する。魚介類の粕漬けを発売
1981 56年 本店に資料室を設置
1983 58年

高嶋良平代表取締役社長に就任、3代目平介は会長に。
粕汁パックを新発売、カルチャ-倶楽部、こうべ甲南ライブサロン設立

1985 60年 ワインドビ−フが第1回こうべ土産品コンク−ルで市長賞を受賞。
新工場が完成する。
1988 63年

酒粕自動成型機を開発、ニュ−酒粕を新発売。浅漬け工場が完成

1990 平成 2年 モダンディシュ in こうべ(少量パック詰め)を新発売
1992 4年 工場内の冷暖房設備が完備する
1995 7年 阪神淡路大震災で本店、味醂蔵を始め大きな被害を受ける
1997 9年 本店跡地をこうべ甲南武庫の郷として敷地内に本店、テナント棟など
を竣工。

武庫の郷HOME > WEB 美味伝承甲南漬資料館 > 甲南漬の歴史